Fumihito Ohashi Architecture Studio

かけがわ茶エンナーレ開幕
本日よりかけがわ茶エンナーレ開幕しました。

大東エリアの高天神城址、横の高天神下池前にて、大橋史人の作品
「音連庵」が展示されています。
体験型の作品となりますので、是非この機会にかけがわ茶エンナーレを巡り、高天神下池に訪れていただきたいです。

かけがわ茶エンナーレ 大東エリア
2017年10月21日(土)ー 11月19日(日)
詳細はこちら
かけがわ茶エンナーレ
https://www.chaennale.jp
2017.10.21

秋のイベント出展
【展示のお知らせ】

10月21日 - 11月19日
かけがわ茶エンナーレ
静岡県掛川市|大東エリア|高天神城下池(南口駐車場より徒歩)
作品|音連庵
https://www.facebook.com/茶エンナーレ大東エリア-317140915363953/

11月4日
かけがわ茶エンナーレ
茶エンナーレ アーティストトーク
静岡県掛川市大阪7152|大東エリア|大東図書館2階会議室

11月8日 - 14日
Artあんえっとん 焼津芸術寄港
静岡県焼津市|藍画廊|
作品|【仮称|Re】
https://www.facebook.com/art.anetton2015/

11月12日 - 12月
宿場竹灯り
静岡県藤枝市岡部|柏屋|
作品|テンセグリティのような竹灯り

11月25日
囍茶|子どもワークショップ
奈良県奈良市|囍茶|
茶の木をつかってテンセグリティをつくろう

12月3日
みちゆかし 
静岡県藤枝市|了善寺|
テンセグリティワークショップ
共同出店|aima

12月9・10日(大橋は9日のみ)
おさんぽてん
静岡県静岡市清水区
テンセグリティワークショップ


\/\/\/
/\/\/\

今年、各種展示やワークショップで行ってきたことの集大成のように、10月より立て続けに静岡県内にて展示出展致します。
もっとも大きな作品となる、かけがわ茶エンナーレの「ため池のある風景」は20m以上の長さの木製架構の作品を制作。
この架構の縮小版を再構成したArtあんえっとんの「連続する記号場」は二作品連動させた作品となりますので、どちらもご観覧ください。
柏屋で開催される宿場竹灯りでは、約7年ちかくワークショップを重ねてきたテンセグリティの構造をもとに、竹灯りのオブジェを制作します。
会期が被りながらの制作、展示期間なので、遠方の方も是非一度に二会場、三会場とめぐっていただきたいです。
11月12日は、岡部の柏屋にて10 - 12時まで、その後移動し、14 - 16時頃までアートあんえっとんのマルシェ会場にてテンセグリティワークショップを行います。あと、11月後半には奈良でも開催するかも??そして、12月は藤枝と清水でイベント会場にてワークショップ開催です。
盛り沢山の秋、静岡の各所でアートプログラムを堪能してください。


\/\/\/
/\/\/\
2017.10.17

【トークイベント】「森の展示室を終えて -クマガイソウのできるまで- 」 @もくぺれ
「森の展示室を終えて -クマガイソウができるまで- 」

日 時|2017年5月20日(土)13時〜/15時〜 二回
開催地|もくぺれ×GALLERY KINO 静岡市清水区有度本町5-18
参加費|無料(ワンドリンクまたはお菓子オーダー)
内 容|2017年4月8・9日に京都府船井郡京丹波町和知にて開催された「森の展示室」に大橋史人が「クマガイソウ」という作品で出展しました。今回の出展で経験したことを、出店依頼から展覧会を経てその後の展開に至るまでのプロセスについてお話し致します。また、他の出展者の方々の作品についても触れ、「森の展示室」とは一体どんな展示室なのか?について、大橋の感じたことを中心におはなしさせていただきます。
今回は大橋と同様、森の展示室に出展された「あはひ」さんもお菓子を携えて来てくださいます。あはひさんの美味しいスイーツを召し上がりながら、京都で受けた数々の衝撃の出来事について楽しんでいただければ嬉しいです。

FOAS大橋史人建築設計
FacebookPage | https://www.facebook.com/FOAS.fumicht/
森の展示室
https://www.morinotenjishitsu.com
2017.05.08

【森の展示室2017】に 出展 
森の展示室 https://www.morinotenjishitsu.com/

■日 時:2017年4月8日(土)9日(日) 
     10:00-17:00
     一部作品は23日まで展示をしています。(火曜日は休園です。) 

■場 所:わち山野草の森 
     〒629-1131 京都府船井郡京丹波町坂原シヨガキ5
     電話:0771-84-2041 
     火曜日休園

森の展示室は「はるいろさくらまつり」の一環として開催されます。
https://www.haruirosakura.com/
わち山野草の森には約900種類の山野草が息づいています。
桜の咲くこの季節に、山野草とアートのイベントを開催しています。
森の展示室の会場は、はるいろさくらまつりのメイン会場から徒歩で5分くらい森に歩いたあたりから広がっています。整備された森ではございますが、歩きにくいところもございますので、動きやすい服装でお越しください。
また、はるいろさくらまつりのはるいろマルシェでは、飲食の出店も多数ございます。
尚、はるいろさくらまつりでは、イベントの協力金としておひとり様300円(高校生以上)を頂いています。


■森の展示室、出展者のご紹介です。
今回の森の展示室も様々な角度から森を感じていただこうとアーティスト・陶芸家・華道家・ガラス作家・建築家・庭師・茅葺職人などなどバラエティーに富んでいます。
でも、軸は暮らしです。
その昔、人が小さな集落で森に住んでいたころ、暮らしの中に直線や平面的な要素があまりなく、ほとんどのものが有機的な形をしていました。そんなことを考えると、テーブルや什器、棚に置くことが前提としてのモノづくり以前のモノづくりはどんなものであったのかとふと考えます。
森の展示室は、「過去・未来・そして現在」を森で感じていただくことをコンセプトに制作された作品をそれぞれの作り手の感性で展示しています。
境界は木々の間。壁のない展示室です。

■出展作家は以下の通り(順不同でご紹介)。フライヤーに載っていない方もいますので、ご確認をお願いします。
詳しくはHP 
https://www.morinotenjishitsu.com/

をご確認ください。
●作家
太田良子
春分堂
市川孝
吉田和代
チプラスタヂオ
萩原桂子
片桐功敦
ハタノワタル
荒川尚也
白石陽一
熊谷峻
大橋 史人
相良 育弥
今西公彦
東亨
藤森ちかこ
小倉広太郎
アリサト工房
河合和美
のせたかおみ
京庭なる井
金子朋恵
滝沢汀
加藤直樹
中西真矢
宮内知子
Logsee
鈴木隆
●shop
アーキペラゴ
つきよみ

●お茶
囍茶
小慢(from 台湾)

●食
季節といなり・豆椿
手包みおやつ・月の温
あはひ
2017.03.24